BUSINESS事業紹介

先進映像技術 (AR/MR)

現実空間上にオブジェクトを投影する拡張現実(Augmented Reality)と
その他の技術を統合し新たな表現の世界を切り拓きます。

AR / MR

ARの技術に加えて3DCGやモーションキャプチャ、ホログラムの技術を統合し、複合現実感(Mixed Reality)の映像表現・⽤途を拡⼤していきます。

実写立体動画撮影技術 Volumetirc Capture
(ヴォルメトリックキャプチャ)

Volumetric Captureによる計測技術の応⽤により、360度全⽅位から対象となる⼈や物の動きを撮影することで、マーカーを使わずとも動作を捉えた3Dモデルを作成することができます。

毎フレーム形状をキャプチャし、ホログラムを生成するため、従来のモーションキャプチャと⽐較し、短期間かつ低コストで3Dモデルを作成できます。

具体的には従来のプロセスでは1カ⽉以上の期間を要していた3Dモデル⽣成を、数時間程度で⽣成できるため⼤幅な期間短縮となり、その結果コスト削減が実現可能となります。

※IMAGICA Lab.では、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社様と、3Dホログラム⽣成技術の国内マーケティングを実施するための協業体制を構築しております。
当社ニュースリリースはこちら

写真は左から、
・Volumetric Captureによる容積計測
・3Dモデルの⽣成
・ARによる3Dモデルの合成(イメージ)

Visualization(ヴィジュアライゼーション)

3DCGのモデルをAR/VR/MRに展開し、産業分野においてもその現実感と精度により⾼度なシミュレーションを可能にします。

既存のCADデータから3DCGを作成することで、精緻なモデリングと開発⼯期の短縮を測ることもできます。

⼤規模な都市建築においては、街並みの中に完成する建築物をCADデータを活⽤することにより、計画段階で現実感のある視覚体験を得ることができます。

関連サービス

360度VR⽴体映像と⽴体⾳響
の技術で没⼊感のある
「未体験の映像表現」を実現します。

360度⾼解像度のVR映像の制作には適切な機材選定と撮影プランの検討が必要です。
IMAGICA Lab.では経験豊富なスタッフが企画段階からサポートし総合的な制作⽀援を⾏います。

先進映像技術(VR)についてはこちら

お問い合わせ

没⼊感を追求する先進映像技術をリサーチするプロジェクトチーム
「イマーシブ・メディア・ラボ」が技術サポートいたします。

先進映像技術サービス(VR/AR/MR)についてのお問い合わせはこちら