ABOUT会社情報

HISTORY沿革

1932
株式会社長瀬商店(現・長瀬産業株式会社)が京都・太秦(うずまさ)に「極東フィルム研究所」を開設
映画用フィルムの現像・プリント事業を開始
1935
極東フィルム研究所が株式会社極東現像所(本店・大阪)として独立
1936
横浜工場(現・横浜市鶴見区)開設
1938
本店を京都市右京区に移転
1942
株式会社東洋現像所に社名変更
1951
五反田工場(東京都品川区)開設
1953
五反田工場にてカラー現像処理開始
第1号作品「地獄門」が翌1954年米国アカデミー賞特別賞(外国語映画)他を受賞
1963
写真事業(現像、プリント他)を本格化、コダクロームフィルム指定現像所となる
その後、全国に写真の現像所を開設
1964
第18回夏季オリンピック競技大会(東京オリンピック)公式記録映画の現像を担当
1965
映像の合成作業に用いる特殊合成機を自社開発
1970
日本万国博覧会(大阪万博)公式記録映画ならびにニュース映画他の現像を担当
1971
ビデオサービス(編集、テレシネ、キネコ等)を五反田工場で開始
大阪営業所(大阪市北区)開設
1972
第11回冬季オリンピック競技大会(札幌オリンピック)公式記録映画の現像を担当
1974
ビデオセンター(東京都品川区)を開設し、ビデオ関連サービスを拡大
1976
沖縄国際海洋博覧会(沖縄海洋博)公式記録映画の現像を担当
1982
コンピュータ・グラフィックス制作専用システム「リンクスⅠ」を開発
同事業に本格進出を目的として株式会社トーヨーリンクスを設立
モーション・コントロール・カメラ・システムを自社開発
1983
大型映像への対応のため、70㎜フィルム対応カラー現像機を自社開発
1984
70㎜フィルム対応のオプチカルプリンターを自社開発
1985
テレシネシステム「ムービートーン」を自社開発
ハイビジョン映像への取り組みを本格化
国際科学技術博覧会(つくば科学博)にて各種映像制作に協力
1986
株式会社IMAGICA(商号:株式会社イマジカ)に社名変更
展示映像、パビリオン映像等の企画制作事業に参入
1987
イーストマン・コダック社との合弁にてコダック・イマジカ株式会社を設立し、写真部門を分離
1993
米国にて70㎜オプチカルエフェクトのサービス開始
テレビ番組をターゲットとして、赤坂ビデオセンター(東京・港区)開設
1995
自社開発のデジタルフィルムスキャナーを国内外にて販売
1996
衛星放送事業へ進出
株式会社シネフィル設立
1997
DVDオーサリングサービス開始
CMをターゲットとして、銀座7丁目スタジオ(東京都中央区)開設
2000
出資作品「老人と海」が第72回米国アカデミー賞短編アニメーション部門でオスカー受賞
関西地区の事業強化を目的として、関西事業部門が株式会社IMAGICAウェストとして独立
2001
カラー・マネジメントシステム「Galette/ギャレット」を自社開発
2002
「65/35マルチフォーマットオプチカルプリンターの開発およびシステムランニングの高い技術」を評価され、
第74回米国アカデミー賞科学技術賞を受賞
映像の企画制作事業を目的として株式会社IMAGICA FORCE、株式会社IMAGICAディーシー21、
株式会社IMAGICAエンタテインメントの3社を設立
2005
CMをターゲットとして、麻布十番スタジオ(東京都港区)開設
2006
会社再編により持株会社イマジカ・ロボットホールディングスの中核会社となる
株式会社IMAGICAイメージワークス設立(株式会社IMAGICA FORCE、株式会社IMAGICAディーシー21、
株式会社IMAGICAエンタテインメントが統合)
2009
デジタルシネマパッケージ配送サポートシステム「CLAVIS」を自社開発
2010
CG/VFX事業強化を目的として株式会社リンクス・デジワークスを事業統合
2012
テレビ番組をターゲットとして、渋谷スタジオ(東京都渋谷区)開設
2013
アニメ専用スタジオとして、荻窪アニメーションハウス(東京都杉並区)開設
2015
HD/HDR評価画像セット「LUCORE」販売開始
2016
渋谷公園通りスタジオ(東京都渋谷区)を開設し8K映像の編集開始
2017
アニメ制作のトータルコーディネートを目的として、荻窪アニメーションハウス はなれ(東京都杉並区)を新設
2018
株式会社IMAGICA、株式会社IMAGICAウェスト、株式会社IMAGICAイメージワークスが統合、
同時に株式会社IMAGICA Lab.に社名変更
2019
IMAGICA GROUPグループ内ベンチャー制度の第一号案件として株式会社IMAGICA IRIS設立
渋谷公園通りスタジオNEXT(東京都渋谷区)を開設し22.2ch対応のMAを開始
国内初「Dolby Cinema™(ドルビーシネマ)」に対応したカラーグレーディング、
デジタルシネマパッケージ(DCP)マスタリング、映写サービスを開始
2020
SDI Media Groupと日本国内におけるダビングスタジオとして、株式会社IMAGICA SDI Studioを設立