新たな事業体制のお知らせ

文化庁、IMAGICA GROUP主催「DRUM TAO “祭響“ RELIVE」において 、IMAGICA GROUP × IMAGICA Lab. × IMAGICA EEXが 高臨場感ライブビューイング [VISIONS] を駆使した驚異の和太鼓パフォーマンス体験を完全再現!

株式会社IMAGICA Lab.(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己、以下IMAGICA Lab.)は、株式会社IMAGICA GROUP(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:布施信夫、以下IMAGICA GROUP)と株式会社IMAGICA EEX(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:諸石治之、以下IMAGICA EEX)と共同で、1月26日(火)、文化庁とIMAGICA GROUPが主催する「DRUM TAO “祭響“ RELIVE(ドラムタオ“サイキョー“ リライブ)」(※1)において、高臨場感ライブビューイング [VISIONS (ビジョンズ)] (※2)を用いた映像技術・演出を担当いたします。

本イベントは、IMAGICA GROUPが文化庁より受託している令和2年度戦略的芸術文化創造事業「文化芸術収益力強化事業」の一環です。IMAGICA GROUPのグループ各社が持つ最先端テクノロジーとクリエイティブを集結した⾼臨場感ライブビューイング [VISIONS] を駆使し、幅12.4m×高さ3.5mの巨大ワイドスクリーンに8K高精細映像を投影するほか、スクリーン前に特設したプールに和太鼓の迫力ある鼓動を水の波紋で表現し、水面にも映像演出を加えることで、舞台空間を超越したライブ体験を実現いたします。

DRUM TAO “祭響“ RELIVE

文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN
「DRUM TAO」×「VISIONS」高臨場感ライブビューイング
DRUM TAO “祭響“ RELIVE(リライブ)

<開催概要>
文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN
「DRUM TAO」×「VISIONS」高臨場感ライブビューイング
DRUM TAO “祭響“ RELIVE(リライブ)

■開催日
2021年1月26日(火)
■主催
文化庁、IMAGICA GROUP
■企画・制作・運営
IMAGICA GROUP、IMAGICA EEX、IMAGICA Lab.
■参加方法
「DRUM TAO」ファンクラブより募集いたします。
イベント詳細につきましては、以下、特設サイトよりご覧ください。

令和2年度文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」NEXT VISION JAPAN特設サイト
https://eex.co.jp/bunka/


IMAGICA Lab.は、今後も、より多くの魅力的な映像作品を、より多くの方にお届けするために、新しい映像技術と映像表現を追求し続けて参ります。


(※1) 「DRUM TAO」は、世界観客動員数800万人超を誇る、和太鼓を驚異のパフォーマンスで表現する新時代「日本エンターテイメント」集団です。
DRUM TAO公式サイト http://www.drum-tao.com/

(※2) [VISIONS]とは、IMAGICA GROUPが提案する新しいライブビューイング。最先端テクノロジーとクリエイティブ、そしてコンテンツの融合による新しい映像体験の機会創出を目指す、未来志向型のライブエンタテインメントです。

■IMAGICA Lab. 担当者
エンタープライズ事業本部 コンテンツプロダクション部 加藤
以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
https://www.imagicalab.co.jp/contact/advanced-video-technology-vr-armr/