NEWSニュース

2020年9月17日

IMAGICA Lab.とIMAGICA EEXが
『長渕剛 初のオンラインライブ ALLE JAPAN(エールジャパン)』にて観客参加型360度巨大ビジョンによる映像演出を担当


株式会社IMAGICA Lab.(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己、以下IMAGICA Lab.)と株式会社IMAGICA EEX(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO兼CCO:諸石治之 https://eex.co.jp/ 、以下 IMAGICA EEX)は共同で、LINE株式会社(https://linecorp.com/ja/)が運営する「LINE LIVE-VIEWING」(※)より有料配信された『長渕剛 初のオンラインライブ ALLE JAPAN(エールジャパン)』において、観客参加型360度巨大LEDビジョンを用いた映像演出を担当いたしました。

演出では、オンラインライブ史上最大規模となる長渕剛氏をかこむ360度巨大LEDビジョンを使用したダイナミックな空間設計により没入感のある新しいステージ体験を創り出し、会場に観客席のあるリアルなライブではできないオンライン配信ならではのアーティストとファンとの究極の臨場感を追求しました。巨大ビジョンには、300名のファンをオンライン映像で映し出し、リアルタイムでのコミュニケーションやリクエスト曲の生演奏、それぞれの環境で奮闘し再起を図ろうとしているファンへ長渕剛氏からエールを贈るというインタラクティブな演出を施しました。アンコールは楽屋から中継をおこなうなどプレミアムな体験を提供し、アーティスト、参加されたファン並びに視聴された多くの皆様から大変好評をいただきました。

IMAGICA Lab.は、1935年の創業以来、つねに変わりゆく映像業界において、研鑽し探求し続ける精神を持ち続けてまいりました。高品質の映像技術と最先端のICTの融合により、「映像コミュニケーションカンパニー」として、これからも映像文化の発展に貢献するとともに、多彩で新しい映像表現を追求し、最高のサービスを提供し続けてまいります。

IMAGICA EEXは、IMAGICA GROUPの持つクリエイティビティと最先端テクノロジーを集約し「エンタメテック」領域を担う事業会社として2020年7月3日に設立しました。「体験を拡張し、未来を創造する」をミッションに、新しい世界観「ニューノーマル(新常態)」における、今までにない新しいエンタテインメント体験機会の創出を実現し、豊かな暮らしと文化の発展に貢献してまいります。


『長渕剛 初のオンラインライブ ALLE JAPAN(エールジャパン)』


※「LINE LIVE-VIEWING」は、チケットの検索・購入から、視聴、応援までLINE上ですべてが完結する有料オンラインライブです。
『長渕剛 初のオンラインライブ ALLE JAPAN(エールジャパン)』は、2020年8月22日にライブ配信、8月31日までアーカイブ視聴され、LINE LIVEとして過去最大の約10万人超を動員しました。


■IMAGICA Lab. 担当者
 エンタープライズ事業本部 コンテンツプロダクション部 加藤
 お問い合せ先はこちら