1. IMAGICA Lab.トップ
  2. ニュース
  3. 株式会社IMAGICA Lab.とGDCデジタルシネマネットワーク合同会社が業務提携契約を締結劇場向け配信事業を随時開始へ

株式会社IMAGICA Lab.とGDCデジタルシネマネットワーク合同会社が業務提携契約を締結
劇場向け配信事業を随時開始へ

株式会社IMAGICA Lab.(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己、以下IMAGICA Lab.)と、GDCデジタルシネマネットワーク合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者 塚本文人、以下GDC)は、劇場向け配信サービスにおいて業務提携契約を締結し、随時開始していく運びとなりました。

まずは、シネマサンシャイン系列(佐々木興業株式会社)の劇場を皮切りに、GDC社製の劇場向け配信システムを使い、IMAGICA Lab.が劇場向け本篇・予告篇等の配信サービスを随時開始いたします。

今回の業務提携により、IMAGICA Lab.は、既に香港において3年以上の運用実績を有するGDC社製の配信システムElectronic Delivery System (以下「EDS」)を各劇場に設置し、本篇・予告篇等の映像を安全かつ、早いスピードで配信することが可能となります。「EDS」の導入により、Cloudベースでの配信サービスが可能となり、100GB相当の劇場向け本篇のDCPが、100Mbpsの通信環境において、約3~5時間で安全に配信可能となる上に、劇場サイドでは新たな投資負担なく配信運用サービスの構築が可能となります。IMAGICA Lab.としては、2016年にサービスを開始した自社開発システム「HONOLUA」に加え、今回新たに導入する「EDS」も合わせて運用していくことで、劇場向け配信事業を拡充いたします。

一方、GDCは、劇場運営の自動化「CINEMA AUTOMATION 2.0」をテーマに、未来の映画館に必要とされるものを研究、開発してまいりました。そして「EDS」の開発により、長い間、課題としていた本篇映像の配信が実現可能となりました。今回の業務提携により、「EDS」が劇場での本篇上映において現在、主流であるDCP配送方法に替わる、利便性の高いサービスとして広く導入される事を期待しております。GDCは今後も引き続き、劇場運営がよりスムーズになるよう、映画市場に求められる商品の開発に努めてまいります。

アジア太平洋地域におけるデジタルシネマサーバの最大のインストールベースであり、世界で第二位のシェアを誇る世界有数のデジタルシネマソリューションプロバイダであるGDCと、昨年新たな映像時代に向け、映像コミュニケーションカンパニーを目指し、合併並びに社名変更したIMAGICA Lab.との今回の業務提携により、私たちは今後もつねに変わりゆく映像産業に対し、両社のもつ経験と技術により、お客様のニーズに真摯にお応えしてまいります。

ニュース一覧へ