社員紹介

金子 譲
  • インタビュー

    仕事内容

    現在、私はテレビ事業本部 技術グループに所属しており、主にテレビ番組などの映像や音声の編集作業を行っている編集室等のシステム構築やメンテナンス業務に携わっています。日本最大級の編集室を保有する当社で扱う機材は、種類や量も最大級。日々の機材メンテナンスやトラブル対応、システムや機材の更新作業はもちろんのこと、その他、社内の様々な部署からの技術的な相談にも対応します。また最近では”未来を見据えた次世代の技術”に関する検討・検証等も担当。実際の編集の現場ではまだ導入・使用されていない技術や、将来運用されるであろう規定・基準に対して、どのように社内に適用していけば最も効率が良くなるのか、また実際に作業する社内のクリエイティブスタッフやお客様への負担をいかに少なくできるかなど、技術的視点と作業者的視点から最適なバランスを取ることを意識して進めています。
    映像技術の進歩はとても早いため、日々様々な事柄にアンテナを張りつつ情報収集し、学ぶことも私たち開発スタッフにとっては大切な仕事のひとつです。あわせて他社の技術の方々とも情報交換を積極的に行い、時には実証実験なども共同で実施しながら両社にとって一番良い形になるよう取り組んでいます。社内だけでなく関係会社や他社の方との連携を効率的に取ることによってテレビ番組制作全体における業務効率化を図り、映像技術の進歩に一役買えるような存在になりたいと思っています。

    IMAGICAを選んだ理由

    一番の理由は、OB訪問をした際にお会いした先輩社員の「人柄」に惹かれたことです。
    この人達と一緒に働いてみたい!と素直に感じることが出来たのが私自身の中での決め手でした。
    また就職にあたって「映像」というキーワードを軸に就職活動を行っていたのですが、IMAGICAは映画やCM、テレビ番組・アニメなどといった「映像」に関わる様々なジャンルの業務に携わっており、純粋に入社後も多くの映像の世界に触れる事が出来るという点が魅力的でした。さらに、イマジカ・ロボットグループとしては、更に広い事業展開をしている点から可能性の多さを感じたのも理由です。
    ただ一点入社するまでずっと不安だったのが、私が学生時代まったく映像に関係のない専攻だったことです。
    会社説明会や選考のたびに人事の担当者にそのことを相談し、その都度「入社後に勉強すれば良いですよ」と言ってもらったことが、最終的には入社を決断する後押しになりました。

    さらに詳しく!!

    私の仕事 or 部署は、ここが面白い!!

    映像に関する技術は日々かなりのスピードで進歩しています。そしてこれが絶対正解というものはなかなか存在しません(これが現時点では一番良さそう!はあると思います)。そのため新人、ベテラン関係なく日々新しい技術に対して関心を持ち、自ら情報収集をしていく必要があります。大変そうだなと思う方もいるかもしれませんが、私にとっては面白い!と思える要素です。
    新しい技術に対し、いち早く反応し学習することによって、その技術に関係する様々な方々とも話が出来るようになります。もちろん新しい技術だけでなく、ベースとなる映像に関する知識は日々勉強する必要はあります。
    私たちの仕事は業界特有の(映像に関する)知識は当然必要ですが、例えばネットワークの知識といった、一般的な技術知識等も必要になる場合が多くあり、要求される技術範囲が広いのも特徴で、ここも面白い!と思える要素でもあります。

    今後の目標

    入社以来、テレビ関連に深く関わってきましたが、テレビだけでなく常に幅広い分野に対して敏感にアンテナを張り、自ら情報を収集し、そしてそれを還元できるような技術屋でありたいと思っています。
    視聴形態の多様化により、皆さんが映像を見る機会はここ数年で格段に増えているかと思います。この多様化の流れから映像制作現場のワークフローは日々変化し続けています。この変化に対して柔軟に対応ができ、業界動向に対しても一早く予測が出来るようになれば、IMAGICAとして素早く対応することができるのはもちろん、延いてはお客様の要望に応えることにもつながると思います。また何か1つの分野でも良いので私に聞けば大抵答えを持っているといった”得意分野”を今後作っていければ良いなと考えています。

  • ある一日のスケジュール

    • 9:50

      出社

      メールチェック

    • 10:00

      エディターさんよりトラブル内容ヒアリング

      症状を細かく確認し、対応策等の検討

    • 12:30

      デスク業務

      他部署から依頼されている資料を作成

    • 14:00

      昼食

      少し遅めに出てピークをずらすことが多いです

    • 15:30

      トラブル連絡

      編集室で発生しているトラブルをその場で対処します

    • 16:30

      メーカー問合せ

      機材の挙動やエラーメッセージに関しての問合せ

    • 17:00

      簡単な打ち合わせ

      来週行われる作業の事前打ち合わせ

    • 18:00

      デスク業務

      メールチェック、資料作成、技術情報調査

    • 20:00

      退勤

      大体、毎日これぐらいまでには帰れるようにしています

  • 学生へのメッセージ

    映像業界を目指されている方には、幅広く色々な会社を見て頂きたいと思います。映像業界と一言で言えど関わり方は様々です。ジャンルも様々ですし業種も多岐に渡ります。全てを知ることは難しいとは思いますが、せめて自分がやってみたいと思っていた内容と実際の業務が違っていた、というミスマッチが起きてしまわないようにと、切に願います。そのためには実際に働いている方々に普段どのような業務をされているか、話を直接聞くことが一番良いと私は考えます。
    是非、今しかない”就活生”という立場を存分に利用してみて下さい。この期間は人生の中でも特異な時期で、どこの企業も自社について色々な事を教えてくれたり、普段は入ることの出来ないようなところまで見せてくれたりします。社会人になってからはそうはいきません。自分自身の視野を広げるという意味でも様々なジャンルに目を向けてみるのは貴方の人生にとってプラスになるのではと思います。

エントリーはこちら