社員紹介

小平 和也
  • インタビュー

    仕事内容

    CM制作におけるオンライン編集の業務を行っています。具体的には、グリーンバックなどで撮影された素材の合成処理や不必要なものを消す「バレ消し」、タレントさんの肌をより美しく仕上げる「レタッチ」などといった、作品の最終的な仕上げの作業です。CMなどテレビで流れる映像は、色のレベルやテロップをのせる位置の範囲など、細かく基準が定められており、その基準を守りながらも、作品全体のバランスを崩さないように作業を行います。CMという短い時間だからこそ、伝えたいことは何なのか、何を視聴者に見てもらいたいのか、自分なりに考えながら、プロデューサーや監督、クライアントと話し合い、作業を進めることで、お客様の想いを形にし、最終的に放送されるCM作品を完成させています。

    IMAGICAを選んだ理由

    「映像に興味があった」というシンプルな理由から、この業界を目指しました。学生時代は、趣味の一環として映像編集を行ってはいましたが、学校では映像と全く異なる分野の勉強をしていたため、仕事として関わる事はない世界だと思っていました。
    ですから、就職活動を始めた頃は、不動産や飲食、アパレルなど、さまざまな業界を受けてみましたが、やはり興味がわかない業界に対しては熱が入らず、もちろん面接も通過できない状態でした。
    そんな中、映像業界でいくつかの企業が「未経験者歓迎」と募集をしていることを知り、映像を学んでいない私でも受けることができるならば!と思い複数社の選考に参加しました。元々、映像編集が趣味の一つだった事もあり、面接も順調に進むことができました。その中で最終的にIMAGICAを選んだ決め手は、CMの仕事をしてみたいという想いと面接で会社を訪れたときの雰囲気の良さでした。映像の知識がないからこそ、雰囲気がいい会社で学んでいきたいと思い入社を決めました。実際に、すばらしい同期や先輩、上司に恵まれ、面接時に感じた雰囲気の良さは確かだったと実感しています。

    さらに詳しく!!

    私の仕事 or 部署は、ここが面白い!!

    関われる仕事の幅が広いところがIMAGICAの面白いところです。
    私の部署は、主にCM編集を行っていますが、ミュージックビデオやライブ映像、映画やドラマ、TV番組の作業に関わらせて頂くこともあります。CM作品にはエディターの名前が出てくるなんてことはありませんが、映画やドラマでは、エンドロールに名前を載せて頂けることもあります。初めて映画館で自分の名前がエンドロールで流れた時には、とても感激したのを今でも覚えています。家族へもチケットを送り、自分の仕事の成果を目に見える形で報告する事ができました。
    CM編集に配属されたからといっても、CMだけではなく他の映像作品に関われたり、他部署へ研修に行ったり、編集以外のことも学べたりと、所属部署以外の業務にも携われるというのは、事業を幅広く展開しているIMAGICAだからこそだと思います。

    新人時代の苦労や失敗談

    学生時代は映像の勉強を全くしていなかったので、当然のことですが、入社当時は知識も経験も全てがほぼ0の状態からスタートでした。PhotoshopやIllustratorといったような画像編集ソフトやVTRの使い方、見たことも聞いたこともない機材など、初めてのことばかりで、映像編集システムの画面を見た時は思わず目が点になりました。その他にも、動画ファイルの種類やテープのフォーマットなど初めて知ることばかりです。毎日新しい事を覚えなくてはならないため、都度メモに書き留めるのですが、あまりの多さに自分のメモに何が書かれているのか自分でも分からなくなる、なんてこともありました。そんな時は先輩に何度も同じことを聞いたり、間違っていないか確認してもらったりしていました。迷惑をかけてしまっているな…と思いながらも親身に教えてくれた先輩のおかげで、しっかり覚える事ができました。今でも毎日のように学びがありますが、新しいことを覚える度に自分の成長を強く感じています。

    今後の目標

    編集ソフトや技術は日々進化しているからこそ、それを扱う私たちエディターも多様なアプリケーションを使いこなすスキルが求められています。今後はさらに多くのアプリケーションを使いこなし、作品作りに活かしていけるようになりたいと思っています。
    同期や先輩後輩と世代を問わず、IMAGICAには高度な技術や知識をもったプロ達が多くいるので、彼らの持っている技術や知識を少しずつでも自分のものにして、更なるスキルアップを目指しています。
    そして今後は編集作業だけでなく、撮影前の段階から撮影方法などのワークフローを提案し、作品作りに全体を通して関わっていける存在になることが目標です。そのためにも、まだまだ沢山のことを勉強していかなくてはなりません。
    日々技術は進化しているので、ゴールはありません。結局のところ、ずっと勉強ですね。

  • ある一日のスケジュール

    • 9:30

      出社

      まずは本日使用する編集室のセッティングと掃除を行ってから
      1日の作業内容の確認と、素材のチェックをします。

    • 10:00

      作業開始

      お客様の完成イメージを基に、合成を行ったり、レタッチ作業を行ったりします。

    • 13:00

      お店が混むので、ランチタイムのピークを外してお昼へ

      麻布十番は美味しいご飯屋さんが多いので、毎日どこへ行こうか悩んでしまいます。

    • 14:00

      午前の作業を再開

      今日中に納品をしなければいけないため、細かな部分も見ながら、
      作品全体のバランスを考えて、仕上げていきます。

    • 22:00

      作業終了

      完成した映像を動画視聴ソフトで書き出し、自社WEBサーバーにアップロードして納品完了
      一緒に作業したスタッフたちと飲みに行きます。

  • 学生へのメッセージ

    ポジティブな気持ちをもって、できるだけ多くの企業の選考を受けることをお勧めします。
    私自身、就職活動中にさまざまな企業の選考を受けながら、自分に合う会社を探しました。結果的に、当初は自分にまったく縁のない世界だと思っていた映像業界に就職することになりました。多くの企業を見ることで、想像もしていなかった道に繋がることがあります。せっかくの機会ですから、社会科見学くらいのつもりで、いろいろな企業を調べてみてください。その中できっと自分がやってみたい!と思える仕事に出会えるはずです。
    そして、多くの企業の選考を受ける分、上手くいかないこともあると思います。そんな時はいつまでも落ち込むのではなく、ポジティブに思考を切り替え次の企業に臨んでください。頑張った時間は決して無駄にはなりません。気持ちを上手く切り替えながら多くの企業の選考を受けて、自分に合う場所を見つけ出してくださいね。

エントリーはこちら