社員紹介

関口 智子
  • インタビュー

    仕事内容

    映像を後世に受け継ぐためのアーカイブ事業におけるマーケティングを担当しています。
    具体的には、アーカイブの啓蒙活動や新規市場調査ならびに営業活動などです。映像アーカイブの対象は、映画・テレビ・記録映像・ホームムービーなど多岐に渡るのですが、海外や国内地方機関、一般企業など、当社にとって新規市場となるようなお客様の元へ実際に赴き、市場調査や当社サービスの提案などを行っています。
    これまで120年以上の歴史の中で、様々な想いが込められた映像が数え切れないほど作られてきましたが、これらの多くはフィルムやテープなどで記録されおり、人類にとって文化財とも言える貴重な資産であるにも関わらず、経年により劣化が進行し続けている状況です。映像アーカイブにおいては様々な課題がありますが、そのうちの1つに、社会における認知の低さがあります。
    そのような中で、私たちはワークショップを主催する1団体として参加することや、東京国際映画祭でのデジタル修復セミナーを企画、また私自身も国内外における講演活動を行うなど、世の中の関心を高めていくための活動を積極的に行っています。

    IMAGICAを選んだ理由

    私は学生時代から映画を含め、絵画や落語など文化一般に関心がありましたが、その中で、素晴らしい文化であるにも関わらず、衰退して後世ではほぼ消滅してしまうものが多くあるということや、有名な作品でなくとも人間の機微を正確にとらえた作品があるということを学びました。映画は1世紀以上の歴史がありながら、現代にも生きた芸術です。その文化を未来へと受け継いでいくために少しでも貢献できないかと思いました。
    その一方で、現在は、映画館やテレビだけでなく、様々なデバイスにより個人的な空間で映像を楽しむ時代です。だからこそ、国や地域を超えて、もっと気軽に映画を楽しめる環境を作っていけるのではないかと思いました。
    この両面から映像を支えていけるのは、現像所時代の技術を基にした映像修復の技術を持ち、かつ、様々なメディアへの展開や海外へのローカライズ事業、さらには新技術開発をも積極的に行っている当社だけと考えました。

    さらに詳しく!!

    私の仕事 or 部署は、ここが面白い!!

    映像アーカイブに関わる各機関の担当者様は、パッションに溢れている方がとても多くとても刺激的です。
    人材・資金・法律など様々な側面で課題を抱え、多くの制約のある中でいかに映像を残し、そして現在につなげていくのか・・・時に道なき道ですが、そのような中でも真剣に考え、取り組まれており、学ぶことが多く尊敬しています。そういったお客様の力に少しでもなれることは、私にとって大きなやりがいです。
    また、当社やグループ会社である現像設備を有するIMAGICAウェストには、長年の歴史の中で受け継がれた技術とともに、新機材や新商材の開発などを積極的に行う技術者の方々が多数いらっしゃいます。そのアイディア・技術力・チャレンジ精神に感動しながら一緒にお仕事をできることも何より魅力的で、自分自身成長させてもらっていると感じています。

  • ある一日のスケジュール

    • 9:15

      出社

      今日の仕事のタイムスケジュールを確認
      メールチェックや返信

    • 11:00

      お客様訪問

      新規商材の提案

    • 13:00

      昼食

    • 14:00

      技術グループに作業相談

      新規案件に関して、どのような技術的アプローチが最適かを相談

    • 15:00

      企画書の作成

      今後実施予定の企画についてパワーポイントにまとめる

    • 18:30

      退勤

      仲良くさせていただいているお客様と食事

  • 学生へのメッセージ

    好奇心をもって色々なことを経験してみて、特に自分がおもしろいと思えたことを大事にしてほしいと思います。「好きこそものの上手なれ」とも言えるかもしれませんが、「情熱」は何よりかけがえのない原動力になります。
    就職活動では、それまでの人生で経験したことのないことが度々あり、悩んだり大変だと感じることが多いかと思います。しかし、自分自身を見つめ直したり、他者から自分自身がどのように見えるのかを知ることができたりする機会はなかなかありませんので、少し自分を客観的に眺めて、自分にとっての一つの糧にできたら良いのではないでしょうか。
    自分自身が興味を持てることであれば、面接などにおいても自然と伝えたいことが生まれるはずです。頑張って下さい。

エントリーはこちら